採用と育成は常にセットで考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ採用をするのか

貴社はなぜ採用をするのですか?
このシンプルな問いに明確に答えられる人事担当者は意外と少ないものです。

少なくとも採用目標の人数を合わせるために採用をするのではないはずです。
採用の目的は戦力となり自社の幹部なれるような人材を確保することです。

だとすれば採用した人材は責任をもって育成すべきだと私は思います。
もう一歩踏み込んで言えばどのように育成するかイメージをもって採用するのが理想です。

プロ野球の世界でもドラフトと育成は一体です。
即戦力として獲得するのか育成型として数年はファームで育てるのか各球団はプランを持っています。

その中でも特に育成に長けていると言われるのが北海道日本ハムファイターズです。

二刀流の活躍で話題の大谷翔平投手を獲得する際、
日本ハム球団は大谷投手に分厚い育成計画書を提示したことで有名です。

つまり長期的で緻密な育成計画をイメージして選手を獲得しているのです。

育成は現場の力が必要

しかし計画があるだけでは上手くゆきません。
計画を実行する現場の育成担当者(野球で言えばコーチ)に選手を育成する力量が必要です。

ビジネスの現場に当てはめて考えれば人事担当者はもちろん
新入社員を教育する先輩社員や上司に育成の力量が問われます。

これまでの企業の人材育成は良くも悪くも現場任せになっていた傾向があります。
これからの人材育成は組織としてしっかりとしたビジョンを持ち、
新入社員を迎える側の社員が共通認識をもって実施してゆくことが求められます。

なぜ人材育成にスキルが必要か

「どうやって人を育てるか」このことは人間社会において永遠のテーマかもしれません。

人類の長い歴史を見ればつい最近まで人を育てるマニュアルなどどいうものはなく、
見て覚える、先輩や師匠のやり方を盗むということが当たり前でした。

しかし現代社会のビジネスの現場では人を育てることにかなり苦慮しているケースが多々見受けられます。

原因は様々ですが残念ながら教わる側も教える側も何かしらのマニュアル、
手引きのようなものなしには人を育てることが出来ない時代になっています。

今回は部下や後輩の育成に悩んでいる上司やトレーナーの方、
また人事、教育のご担当者様向けに現場で役立つ育成スキルをお伝えしたいと思います。

部下や後輩と向き合う5つのスキル

人材育成のスキルを考える前に是非お伝えしたいことがあります。
それは人を育成するうえで一番大事なことは人に対して関心を持つこと=愛情を持つことです。

実はあるアンケートによれば新人や若手が定着しない理由のひとつに
先輩やトレーナー、上司が無関心だったという生声が挙がっています。

日々の業務が忙しいことは分かりますが部下や後輩にしっかり向き合う姿勢がとても大切です。
そのためには以下の5つのポイントを意識してみていただきたいと思います。

<部下や後輩と向き合う5つのスキル>
・基本的にどのような性格か
・興味のあることは何か
・どのような思考があるか
・ビジネススキルの定着度合いはどうか
・現在抱える仕事の状況はどうか

 

部下や後輩を育成する5つのスキルとは

先ほどご紹介した5つの視点をベースに、
これからお伝えする5つのスキルを身につけることで
効率的に育成をすることが出来る様になります。

実際に研修では部下や後輩を育成する5つのスキルを紹介し
そのスキルを使ったロールプレイを実施します。

多くの引き出し(スキル)を持つことで
部下や後輩を成長具合や状況に合わせて意図的に育成出来るようになります。

その5つのスキルとは以下のようなものです。

・カウンセリング
・コーチング
・ティーチング
・コンサルティング
・アセスメント

誤解の内容にお伝えしておきますが、その道のスペシャリストになる必要はありません。

カウンセリングやコーチングはそのジャンルの資格も複数あるくらい
専門知識が必要なのですが、現場の人材育成に活用する際
そのエッセンスを取り入れることが出来れば十分です。

では5つのスキルについて簡単に説明しましょう。

「カウンセリングスキル」

カウンセリングスキルとは、相手の気持ちを受け止めて内省させ気づきを生むスキルです。

カウンセリングというと精神的に病んだ方を
サポートするためのスキルだと思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

特に気持ちを受け止めるスキルが悩みを持っている社員に有効です。

「コーチングスキル」

コーチングスキルとは相手に有効な質問を投げかけ目標に向かって行動させるスキルです。

ビジネスコーチングが有名になりましたからビジネスの場で
有効であることを比較的イメージしやすいかもしれません。

モチベーションを上げて目標達成に向かわせるのに有効なスキルです。

「ティーチングスキル」

ティーチングスキルとは事例を挙げて端的に説明し相手を納得させたり理解させるスキルです。
会社のルールを教えたり、叱る場面でも有効です。

「コンサルティングスキル」

コンサルティングスキルとは問題を発見、分析し、仮説を立ててPDCAを回させるスキルです。

部下の業務が行き詰まり前に進まない場合や
クレームなどの問題が起きた場合どう対処させるか導くのに有効なスキルです。

「アセスメントスキル」

そして最後はアセスメントスキルです。
アセスメントスキルとは相手の本質を見立てるスキルのことです。

実はこのアセスメントスキルが5つの人材育成スキルの中で
最も難易度が高く、ゆえにキーになるスキルです。

相手の悩みや問題の本質が何かを正確に見立てることが出来れば
正しい処方をもって部下や後輩と接することが出来るからです。

ただアセスメントスキルは扱い方を間違えると危険なスキルです
安易に人を見立てて思い込みで接することは避けた方が良いでしょう。

人材育成5つのスキル

まとめ

改めてお聞きします。貴社はなぜ採用をするのですか?

貴社が頭数をそろえる採用が目的ではないとすれば
人材育成も視野に入れて採用活動を行うべきです。

そして人材育成を成功させるポイントは
「向き合う5つの視点と育成する5つのスキル」だとお伝えしました。

大前提として向き合うべき部下や後輩に関心をもつことです。
基本的な愛情を持って部下や後輩と接してください。

いくら引き出しを多く持ったところで愛情がなければ育成はうまくいきません。
人材育成は相手あってのことです。
上司や先輩、トレーナーがどう向き合うかは部下や後輩に敏感に伝わるものです。

部下や後輩の失敗を受け入れ、時に成長を待つことも上司やトレーナーに必要なマインドです。
そのためには部下や後輩にしっかり関心を持つことが人材育成の基本です。

そうすることで育てる側の成長も促され結果として成熟した組織になってゆくのです。

 

【無料動画セミナー】採用が上手く行かない経営者、採用担当者が知るべき『離職者ゼロを実現する採用システムの作り方7つのヒント』

どうせうちなんか採用出来ない・・
と悩みあきらめて
いませんか?


「いえ大丈夫です。
ただやり方を知らな
いだけです。」

 

例え小さな組織でも面接で「入社したい!」と言わせてしまう方法にご興味ありませんか?

※従業員50名以下の組織とは:中小企業、介護施設、医院、クリニック、社会保険労務士事務所などを言います

☑ハローワークに出しても人が来ない

☑特に若い人から応募がない

☑求人広告は出すが反応は年に数名程度

☑説明会でのプレゼンは、その場の思い付きでしている

☑面接は勘と経験で合否判定をしている

もし上ひとつでも当てはまったら是非、中小企業だからこそ出来る採用のやり方を知ってください!

今回は『離職者ゼロを実現する採用システムの作り方7つのヒント』を【動画セミナー】として特別に無料で公開しています。1日3分×7日の動画セミナーです。お気軽にお申し込みください。

こんな経営者、採用担当者にオススメです。

☑魅力的な求人票を書いて応募者を集めたい

☑応募者に会社を好きになってほしい

☑不安なく面接で応募者と接したい

☑無駄な経費を掛けなくても採用出来る仕組みがほしい

☑採用サイトの広告費が高すぎて費用対効果に疑問がある

☑採用ノウハウを次世代に残したい

☑採用について1からしっかり学びたい

☑社員が辞めない会社を作りたい

 

▼▼この無料動画セミナーにはさらに特典をご用意しています▼▼

貴社の採用が成功するよう、さらにプレゼントをお付けします。

特典:【課題別成功事例集】レポート無料配布『たったワンポイントで採用がうまくいった』秘密を特別公開!

無料動画セミナーを受け取る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*