【従業員50名以下の経営者向け】中小企業が会社説明会で学生を魅了するプレゼンのコツ

なぜ声の出し方は重要なのか

第一印象を決める要素としてメラビアンの法則において声の量や抑揚の大切さは言われています。
メラビアンの法則とは第一印象を決める要素は以下の通りだと伝えています。

(1)見た目(外見や態度)  55%
(2)声(トーンや抑揚)     38%
(3)話の内容         7%

第一印象を決めるのに見た目の要素が高いのは理解出来ます。
ただ意外に高いのが声なんです。
それだけ声のトーンや抑揚は相手に印象を与えるということを覚えておきましょう。

続きを読む

中小企業の面接官のあるべき基本姿勢

面接とはどうのような場であるべきか

面接官が面接をする前に考えていただきたいことがあります。
それは面接とはどのような場であるかについてです。

私が考える面接の場とは以下の通りです。

・企業が応募者を選ぶ場であり応募者が企業を選ぶ場
応募者自身が自分を十分に表現出来た実感が持てる場
・公正に評価されたという印象を応募者に与える場

「応募者」を赤字で表していますが面接とは企業側が応募者を評価するだけでなく
応募者にとっても重要な場になっているわけです。

続きを読む

中小企業が知るべき理想の求人広告とは?

貴社に合った求人掲載(告知)の方法が必要

どの方法が貴社に合った求人掲載方法なのか知っておくことは非常に重要です。
また求人を知らせる方法は広告掲載だけはありません。

どうやって告知するかについて考えましょう。
せっかく書いた求人をどうやって求職者に届けるのか貴社が
求人をしていることをいかに求職者に知ってもらうのか。

ここがうまくいかないと採用の成功にはつながりません。
また貴社が理想と描いている応募者に求人を知ってもらうためには

理想の応募者に届く告知方法を選ぶ必要があります

そのためにもこの次のお伝えする求人掲載方法の種類とメリットデメリットを抑えておくことは重要です。

続きを読む

【従業員50名以下の経営者向け】中級面接官マニュアル「応募者の本音を見抜くテクニック」

この記事は面接官として応募者と接することに慣れてきた面接官が
応募者の素顔や本音を見抜くために効果的な質問の仕方、事前準備の仕方を解説しています。
また、その際に志望動機は聞かず本人の過去の経験に焦点を当てる
メリットデメリットをお伝えしてゆきます。

なぜ面接で志望動機を聴くことに効果がないのか

私は中小企業の面接では応募者に志望動機を聴くことはあまり効果がないと思っています。
面接で志望動機を聴かないなんて非常識ではないのか?と思いますよね。

そう思うのも当然です(笑)。

それが業界の常識。世間の常識ですから。

では質問です。なぜ面接で志望動機を聞く必要があるのでしょうか?

続きを読む

【経営者が部下に学ばせたい】初級面接官マニュアル「はじめて面接官になった人へ送る3ステップ」

☑はじめて面接官をやることになった方
☑久しぶりに面接官をすることになった方
☑WEB面接を実施する上でのポイントを知りたい方
☑面接官について学び直したい方
☑社員に面接官のスキルを学ばせたい立場の方

この記事はそんな方のお役に立てばと思い書いたものです。面接官の心構え、あるべき態度、
座り方、質問の仕方、合否判定に至るまで解説しました。

続きを読む

魅力的な求人票にするための意外なチェック方法

誰が見てもわかりやすい求人票とは

貴社の求人票は小学5年生が分かるような文章で構成されているでしょうか?

私が知っているコピーライターの先生は文章はいつも
小学5年生が読んでも分かるような文章を心掛けているとのことでした。

なぜこのようなことをお伝えするのかというと
想像以上に応募者は業界の専門用語がわからないからです。

また企業側も気がつかないうちに専門用語を使って伝えているのです。

私は今まで1万件近い求人票を見てきました。
そしてその9割は難しい言葉で書かれています。

どんなに立派な内容が書かれていても理解してもらえなければ応募する気にはならないでしょう。
大切なことは応募者に貴社の求人内容が「伝わる」ことなのです。

続きを読む

【初めて人事評価制度を導入したい従業員50名以下の経営者向け】導入の仕方 10のポイント

中小企業や従業員50名以下の小さな組織だからこそ、人事評価制度など従業員の育成や成長を体系立って整えることは急務はず。ですが中小企業や従業員50名以下の小さな組織になると制度設計のためだけに管理部門の役職者を専任で雇う余裕はないかもしれません。

この記事では中小企業や従業員50名以下の小さな組織が人事評価制度の導入にあたって「人事評価制度を導入したいけどどうすればいいの?」「制度をどのよう運営したら良いかわからない」など人事評価制度の構築のポインについてガイドします。

大手企業の汎用ではなく中小企業や従業員50名以下の小さな組織ならではのやり方のヒントをお伝えします。

続きを読む

【従業員50名以下の経営者向け】売上アップと経費削減に繋がる採用ガイドラインの作り方

中小企業の人材不足は年々深刻さを増しています。さらに経団連の会長が新卒採用の2021年卒から就職協定廃止の議論を持ち出しました。通年採用の時代が叫ばれ自社の採用をどうすべきか根本から考えるタイミングが来たと言えるでしょう。

このような採用難の時代の中で採用のやり方を1から教えてくれるサービスが少ないのも事実です。そこで売上アップと経費削減に繋がる応募者の集め方から内定後のサポートの仕方まで自社の採用ガイドラインの作り方を解説しました。

続きを読む

【経営者が部下に学ばせたい】新卒向け会社説明会の実施方法「プレゼンが苦手な採用担当者へ」

学生に響く会社説明会をするには

私は様々な企業の会社説明会の様子を何度も拝見してきました。
そこでは約8割の企業の会社説明会が学生に全く響いていないのです。

この記事では新卒会社説明会で学生を惹きつける方法。成功に導くポイント。
内定辞退や途中辞退を減らすには。プログラム作成からプレゼンターの話し方、
学生が聞きたい内容を解説しました。会社説明会を成功させ機会損失を無くす方法を手に入れてください。

続きを読む