中小企業の面接官のあるべき基本姿勢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接とはどうのような場であるべきか

面接官が面接をする前に考えていただきたいことがあります。
それは面接とはどのような場であるかについてです。

私が考える面接の場とは以下の通りです。

・企業が応募者を選ぶ場であり応募者が企業を選ぶ場
応募者自身が自分を十分に表現出来た実感が持てる場
・公正に評価されたという印象を応募者に与える場

「応募者」を赤字で表していますが面接とは企業側が応募者を評価するだけでなく
応募者にとっても重要な場になっているわけです。

もしあなたがどこかの取引先にいってプレゼンをする場面があるとしましょう。
それはもちろん貴社が取引先から評価を受ける場に違いありません。

でもあなたもその取引先について何らかの印象を持つでしょうし
仮に理不尽な扱いを受ければ納得できない気持ちになりますよね。
それは面接を受けに来る応募者にとっても同じだということです。

面接官イメージ

面接官が応募者に与える影響について

応募者目線で考えることで貴社の採用の在り方そのものが180度変わります。
しかし残念ながら採用の場において企業側にその意識が足りません。
(※最後に参考文献をご紹介しています)

私が聞いた就活生の生の声を一部ご紹介しましょう。

「面接官が30分遅刻しました。こんな会社入りたくありません。」
「君はもう合格だよ。あとは雑談でもしようって言われました。
何も質問されていないのにこの会社大丈夫でしょうか」
「面接官に居眠りされてしまって・・・こんなやる気の無い会社後輩に受けさせないでください」
「面接官に人格を否定されるような発言を受け面接が怖くなって行けません」
「人事の方は応援してくれるのに取締役の方は私のことを決めつけて話を聴いてもらえませんでした」

いかがですか?面接官の態度や質問が応募者に大きく影響しています。

でも逆に良い影響も及ぼします。

「すごく良く話を聴いてくれて入社後も安心して働けそうな会社だと思いました」
「自分のどこが評価されどこが改善点か教えてくれ誠実な印象が残りました」
「凄く親身になってくれます。こんな会社で働きたいって思いました」
「自分でも気が付かないことまで引き出してもらえて可能性が広がる会社です」
「いつも明るく笑顔で接してくれます。あんな先輩と働きたい」

面接での対応ひとつで貴社の評判がガラッと変わってしまうことが
お分かりいただけましたか?

そう考えると少し気が重くなるかもしれませんが
それくらい企業にとって面接は大切な機会です。

面接官のあるべき態度とは

ではどうすれば良いのでしょう。第一歩として以下のようなことに気を配りましょう。

・応募者に敬意を払いが学生であっても個人を尊重する
・応募者の価値観、経験、人格を否定しない
・質問をする際は詰問にならないように注意する
・家庭の事情など採用に関係のない質問はしない
・帰り際も誠意を持って見送る

少なくとも応募者に敬意を払い
「今日は当社の面接に来ていただいて感謝します」
という気持ちをもって接する

ことが出来れば所作も質問も応募者に良い影響を与えることが出来ます。

面接官は自社の広告塔

応募者の目線で考えると
面接がどのような場であるべきか
面接官が応募者にどう接するべきかが見えてきますね。

この点を変えるだけでも貴社に対する応募者印象はグッと良くなるはずです。

このような些細な工夫が応募者との関係を大きく変化させます。
その結果選考途中での辞退は減少し
第1志望を他社から乗り換えてくれる可能性もあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな組織の『人の問題』まとめて相談オンラインカフェ

採用成功塾 代表顧問 清水健太郎



あなたの会社は成長していますか?


✅うちには良い人なんて来るはずがない

✅幹部候補生おらず自社の将来が不安

✅Web面接が必要と言われるがどうすればいいかわからない

✅どんな求人広告を出したら良いかわからない

✅正直、自社の魅力が良くわからない

リーダーと呼べるにふさわしい人財がいない、育たない

✅社員のマナーや言葉遣いが一向に良くならない

指示待ちタイプの社員が多くてどうにかしたい

✅社員に伝えたいことが上手く伝わらない

売上がここ数年横ばいだ

✅ウチの社員は会議でちっとも発言しない

✅研修をやっても効果があがらない

できる人から辞めていく

もし、上記のどれかひとつでも当てはまるのであれば
是非少しお時間をとってお読みになってください。

オンラインカフェにご参加された会社が


以下のような結果を出されています!


★従業員20名 専門商社

面接で「入社したい」とまで言う応募者が出現。要件を満たした営業社員を採用!

★従業員15名 建設業

若手の現場監督職を2名採用!

★従業員30名 運送業

ゼロから自社、ライバル、求職者の分析をすすめドライバー、助手、事務を10名採用!!

★従業員5名 コンサルティング会社

ハローワーク求人だけで5名の応募4名を採用!!

人事評価制度を導入し未経験の社員が急成長

★従業員80名 小売業会社

30代管理職候補人材を3名を採用!!

研修に変わり人事評価制度を人材育成の目的で導入し即結果に繋がった

※その他、多くの中小企業、団体、介護施設、病院などが成果を出されています。

 

大好評の小さな組織の『人の問題』


まとめて相談カフェに参加しませんか?


貴社は採用の悩みを気軽に相談出来る専門家を持っていますか?
例えば経理には税理士がいます。法律には弁護士がいます。

採用や人材育成、人事評価制度は誰に相談していますか?もしいるとすれば、その専門家は
応募者の集め方から面接のやり方、入社後の育成方法、人事制度設計までまとめて
アドバイスが出来る専門家ですか?


 

私は2003年から就職する側と採用する側の両者に


アドバイスをしてきた経験があります


その間見てきた採用事例は大手から中小零細まで5000件以上。
合計30社以上で面接官や説明会のプレゼンター、グループディスカッションの
アセッサーまで現場も経験してきました。また、小さな組織ならではの人材育成課題と向き合い、人材を育成出来る人事制度設計も手掛けて来ました。

アドバイスさせていただいた企業からは「わかりやすい」「人が採れました」
「面接で入社したいと言ってもらえた」「自社に採用ノウハウが出来た」「育成の方法やポイントもノウハウに出来た」など感想を頂いています。

 

もし貴社が採用や人材育成、人事評価制度でお困りでしたら


小さな組織の『人の問題』まとめて相談オンラインカフェで


個別アドバイスを受けてみませんか?


今すぐ申し込む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*