従業員50名以下の小さな組織で採用にお困りの経営者や採用担当者の方へ
経費と労力ばかりかかる独学の採用から脱出しませんか!

【永久保存版動画講座】8週間で出来る採用基本プログラム
「離職率ゼロを実現する採用システム」の作り方
に参加して

従業員50名以下の小さな組織でも面接で「入社したい!」と言われるようになりませんか!?

安心してください!貴社の採用がうまく行かないのは
企業規模のせいでも知名度のせいでもありません。
ただやり方を知らないだけです。

こんにちは。清水健太郎です。

私は採用コンサルタントとして2003年から約5千件の採用事例を見てきました。その9割以上が社員1000人以下の中小企業です。中には社員50名程度の零細企業もありました。それでも毎年、定期的に新卒の新入社員を採用し自社の戦力として、しっかり定着しています。

このような状況下でも採用がうまくいっている企業はあります。世間的には無名な企業であっても自社にマッチした採用が出来ているのです。

中小企業だからと言って採用がうまくいかないわけではありません。

採用がうまくいっている中小企業の例をご紹介しましょう。

その会社は千葉県内にある専門商社です。従業員は50人ほど。
その会社の名前を挙げても多くの方は
「さあ、聞いたことがない」というような知名度です。

ところがこの企業はたった3つのポイントを実行しただけで、
それまで閑古鳥が鳴いていた自社の説明会が
毎回満席になるようになったのです。

このような中小企業でも・・・

✅求人票を出せばすぐに問い合わせが来る
✅自社の会社説明会が毎回満席になる
✅選考の辞退者はほどんどいない
✅学生が是非入社したいと言う
✅どの学生を採用しようか迷ってしまう

こんな夢のような状況を作り出せる
自社だけのオリジナルの採用システムに
ご興味ありませんか?

もしご興味があれば、この先もじっくりと読み進めてください。
5分もあれば十分に読んで頂けるはずです。
それだけでも役に立つはずです。

 

このページが役に立つのは、こんな人です。

特にこのような企業にもオススメです。
はじめて新卒採用をするのでやり方がわからない
☑地域的に情報量が少なく何が正しいかわからない
☑採用にかける予算が少なくどうしても独学になってしまう
採用についてゼロから見直したい
☑大手求人サイトに高額の求人広告を出しても人が集まらない
☑人材紹介に高額の成功報酬を払っているが採用した人材がすぐに辞めてしまう
☑説明会に労力ばかりかかるが中々選考に進んでもらえない
☑面接で良いと思っても入社したら思った人物と違った
☑自社の強みや特徴が中々若い世代に伝わらない

一方で、こんな方には役立ちません。

社員数3000人以上の大企業である
☑採用代行や人材紹介に頼ろうと思っている
☑自分で考えようとせず答えを教えてもらいたいと思っている
☑正直、面倒なことは嫌いだ

いかがでしょうか?
貴社は「役立つ」タイプに当てはまっていましたか?

 

では、ここからが本番です!

採用が上手く行っている企業の
3つのポイントについてお話しましょう。

私がこれまで見てきた採用がうまくっている
中小企業の共通点でもあります。
それをお伝えすると多くの方が拍子抜けされます。

それらの企業が行っているのは以下のことです

求人広告をしっかり書く
☑説明会のシナリオを考える
☑面接評価表を作る

「たったそれだけ?」
「それならもうやってるよ」と思いましたか?
ちょっと待ってください。

では、以下の15ポンイントはどうでしょう?
是非出来ているかチェックしてみてください。

採用したい人材の要件が明確に決まっている
☑全てのメッセージが求職者目線に立った伝え方になっている
☑採用のステップが明確に伝えられている
☑採用ステップが根拠を持って設計されている
☑会社TOPから求職者に向けたメッセージがある
☑動画を積極的に使っている
☑採用専用のサイトがある
☑サイト内で求職者が不安な要素を取り除いている
☑説明会で応募者の目を惹く工夫がある
☑面接において応募者のどこをチェックするか決まっている
☑説明会や面接に来てくれた応募者を大切にしている
☑入社後、やってほしい仕事内容が明確に伝えられている
☑内定から入社まで不安にならない工夫がなされている
☑社内の雰囲気が伝わる工夫がなされている
☑入社後の待遇、福利厚生が正確に偽りなく明記されている

実は採用がうまくいっている中小企業は
求人票/会社説明会/面接について

上記の15個の下準備や意識を踏まえて
確実に実行していたのです。

全部で15項目ありますが正直これでも
まとめきれないほど丁寧な採用活動の設計になっています。

「大変そう・・・」とちょっと
ガッカリしませんでしたか?

決してそんなことはありません。
採用がうまく行っている中小企業は
難しいことをしていたわけではありません。
下準備を丁寧に行っていただけでです。

こんな経験ありませんか?

求人票と向き合ったが、、、
「何を書けば良いかわからず、結局適当に仕上げてしまった・・・」

会社説明会の担当になったが、、、
「これといった方法がわからず言いたいことだけ言って終わった」

面接をすることになったが、、、
「何を質問したら良いかわからず思い付きで質問した」

 

もし貴社がこのまま
求職者の就活実態もわからず

求人票に何を書くべきかわからず
会社説明会でのシナリオもなく
適当に面接をしていたら・・・

仕事を多く抱えた現場の社員はどうなりますか?
世間からの評価はどうなりますか?
何より会社の未来はどうなりますか?

なぜ私がここまで危機感を
煽ると思いますか?

仮に貴社が採用に対してこれといった戦略もなく
ただ漫然と求人票を出して学生を待っているだけの採用であるならば

3年後さらに人材を確保することは難しくなるでしょう。

その理由は以下の内容にあります。

若者はさらに減り続ける

確かにAIの進化もあり、業務の効率化を進めることで
売り手市場一辺倒の状況は転機を迎えています。
しかし採用側からすれば残念なことに若者の人口が減り続けているのです。

それに輪を掛けるように出生率の低下です。
以下のデータをご覧ください。

 

【18歳人口の推移】
1992年 205万人
2009年 121万人
2031年 104万人(予測)

つまり今後も若者は減り続け、新卒採用のターゲットになる
大学生や専門学生、高校生はどんどん少なくなるという事実があるのです。

多くの企業はさらに人出不足になり
少ない若者を多くの企業が奪い合うという
中小企業には一層厳しい現実が予想されるのです。

18%e6%ad%b3%e4%ba%ba%e5%8f%a3%e6%8e%a8%e7%a7%bb%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

 

だからこそ当たり前をしっかり行える企業が生き残る

 

これまでお伝えした状況は厳しいことばかりです。
ですが、だから諦めるのではなく

今こそやるべきことをしっかり出来るようにすることが大切です。
しかも自社の財産として残せるような取り組み方がライバルとの差を産むのです。

 

最初にご紹介した中小企業のように
しっかり下準備をしたうえで

求人広告をしっかり書く
☑説明会のシナリオを考える
☑面接評価表を作る

という行動が出来れば・・・

 

・求人票を出せばすぐに問い合わせが来る
・自社の会社説明会が毎回満席になる
・選考の辞退者はほどんどいない
・応募者が是非入社したいと言う
・どの応募者を採用しようか選り取り見取り

 

という将来も夢ではありません。

 

そして従業員や取引先からも
「今年の新入社員は出来がいいよ」
「お陰でいい人材がきたよ」
「貴社はどうやって採用しているのですか?」

など賞賛の声があがることさえ
決して夢ではないのです。

 

何より採用した社員が
貴社の戦力になって
売り上げをアップさせてくれる。

会社の将来を背負ってくれる。
イキイキした顔で
活躍する姿を見たくありませんか?

 

それを実現して頂きたくて
どんな企業でも実現可能なようにプログラム化したものが
これからご紹介するプログラムです。

 

 

ご紹介する【動画講座】8週間で出来る採用基本プログラム
「離職率ゼロを実現する採用システム」の作り方は

以下のような内容になっています。

2週間に1回(合計4回8週間)、メールで教材をお送りします。
教材はいくつかの質問で構成されたテンプレートと動画解説で構成されています。

第1回
・学生の就活悩み分析
・事業内容の他社分析

相手を知り、自分を知る基本的な分析から
下準備を行います。

この下準備が応募者を呼び込む求人票の材料になり
会社説明会で伝える下地になります。

第2回
・先輩社員の仕事調査
・雇用条件の他社分析

会社説明会で学生が知りたいことは
実際に働いている社員の生声です。

そして自社の条件が業界内で
どのような位置づけかを知ることで
応募者に訴えるべきことがわかります。

第3回
・求める人物像考案
・選考ステップの考案

実際に選考を進める上で
必要不可欠な内容です。

求める人物像を明確にして
採用の流れを考えましょう。

第4回
・求人票の記入のコツ
・会社説明会シナリオ作成のポイント
・面接評価表の作成

これまで作成してきた資料を基に
最終的な成果物にまとめます。

 

なぜ、この企画をやろうと思ったのか?

実は私のWEBサイトを見ていただいている方の多くは
いわゆる地方の中小企業の経営者や採用担当者の方です。

「採用について正しい情報を知りたいが地元ではセミナーなどの機会がない」
「東京に学びに行く時間や経費の余裕もない」

このようなお悩みを頻繁に聴かせて頂きます。

 

ただ私も小さな組織の代表として活動する身です。
数名が手伝ってくれるに過ぎません。
沢山の地方の企業をお手伝いする余裕は正直言ってありません。

 

そこで動画とフォーマットを使って
採用活動の実践で使用できて
地方の中小企業にも人がどんどん集まる。

完成するまでメールでサポートする
そんなお手伝いが出来たら・・・と考えました。

 

そして採用の現場を知っているからこそ
以下のような懸念がありました。

清水が小さな組織の採用をサポートしようと思った5つの懸念

1.応募者と企業は本音で話せていない

私は就職市場の専門家として15年以上、求職者の就活支援と企業の採用支援の両方を行ってきました。
そこで感じることは応募者と企業が面接などの機会を通して本音で話が出来ていないということです。

応募者は準備した上辺の話ばかりする。企業も応募者の本音を引き出すスキルがない。
これではお互い騙し合い、化かし合いをしているだけのように私は感じます。

2.求人広告の経費が高すぎる

求人広告掲載費は大手求人サイトを中心に非常に高額です。費用対効果があるのであれば
それでも良いと思います。しかし少しでも疑問を感じるならば別の方法を模索すべきです。

広告とは何か?を考えると、答えに繋がるヒントが見えてきます。

3.ミスマッチが多すぎ応募者も企業も不幸なのでは?

私は大手企業の中途採用の面接官も行ってきた経験があります。
25歳以下の中途採用を行なっている企業には

超有名企業の若手社員が転職を考えて面接を受けに来ます。
しかも出身大学も超一流です。

つまり3年以内に離職してしまう若手社員は相変わらず多いということです。

ではその理由は一体何なのでしょうか?

理由はいくつかありますが新卒時の就職活動にあります。
企業のことも入社後の仕事のことも良く理解しないまま
表面的な理由で就職先を決めている傾向があります。

学生ばかりでなく企業側にも責任の一端はあると私は思います。

4.中小企業の多くが自社の良さを伝えきれていない

就職市場の専門家として15年以上、私は多くの合同企業説明会を見てきました。
会場に行って採用担当者が求職者に自社の説明をしている様子を聞いていると、

その8割の企業の説明が求職者に伝わっていないことがわかります。
説明会でのプレゼンだけでなく自社の良さを伝える方法やツールは様々あります。

しかし、うまく使いこなせていないのも現状です。
応募者が来ない、振り向いてくれないと嘆く前に
本当に応募者に届くような伝え方を

ありとあらゆる手段を用いて出来ているのか
見直してみてはいかがでしょうか。

5.本気で企業の採用をサポートする企業や人がいない

昨今、採用に関するビジネスやサービスは数多く存在します。
自社の採用商品のパッケージを売ればよいという考えが多くなっているように感じます。

もっとクライアント企業のことを本当に考える企業や人、サービスはないのか?
クライアント企業の10年後の採用成功を考えるサービスないのか?
私はこのことが懸念されてなりません。

独学で採用の仕組みを作る
VSノウハウを基に完成させる

貴社はどちらを選びますか?

 

【利用者の声 動画インタビュー 8分35秒】


<その他利用者の声>

「手順書がわかりやすく、その通りにやってみたら求める人物像が具体的になった」

「求める人物像ってどうやって考えるかわからなかったが、こういう風にすればいいんだとわかった」

「思ったより簡単に出来た」

「面接評価表の存在は知っていたが自社の考えを盛り込んで初めて作れた」

「面接の質問というのはこうやって考えるのだと初めてわかった」

「面接が本当に楽になった」

「考えた人物像にマッチ人が採用出来て正直びっくりした」

「すごく短時間で簡単に出来た」

<参加費について>

さて気になる価格の話です。

今回は下調べの方法をテンプレートと動画を使って伝授し
実際に求人票/会社説明会シナリオ/面接評価表という
成果物も手に入ります。

後は求人広告を出して
選考を行うだけという
採用の仕組みが出来上がります!

通常、求人広告だけでも数十万円
ライティングの代行や採用サイトの制作を業者に頼むと
最低でも100万円以上かかってしまいます。

それが今回は会社説明会のシナリオや
面接評価表まで手に入るのです。

通常、私が年間でコンサルティングを行う場合
1社あたり最低200万円以上になります。

 

しかし今回は中小企業の方のお役に立ちたい!

という使命感から
ご参加頂きやすいコースをご用意いたしました。

 

★☆ 動画講座コース ★☆

2週間に1回(合計4回8週間)、メールで教材をお送りします。
教材はいくつかの質問で構成されたテンプレートと動画解説で構成されています。

第1回
・学生の就活悩み分析
・事業内容の他社分析

相手を知り、自分を知る基本的な分析から
下準備を行います。

この下準備が応募者を呼び込む求人票の材料になり
会社説明会で伝える下地になります。

第2回
・先輩社員の仕事調査
・雇用条件の他社分析

会社説明会で学生が知りたいことは
実際に働いている社員の生声です。

そして自社の条件が業界内で
どのような位置づけかを知ることで
応募者に訴えるべきことがわかります。

第3回
・求める人物像考案
・選考ステップの考案

実際に選考を進める上で
必要不可欠な内容です。

求める人物像を明確にして
採用の流れを考えましょう。

第4回
・求人票の記入のコツ
・会社説明会シナリオ作成のポイント
・面接評価表の作成

上記の手順書と解説動画+さらに3か月以内メール相談フリーをセットにし

180,000円 ➡ 98,000円(税込)で提供することにしました。

今後は同様のサービスは
間違いなく値上げになります。

手順書と動画+メール相談があれば
十分採用の仕組みを作ることが出来ます。

 

 

本当にそれだけで成果が出るの?

やっぱり個別に相談に乗ってもらった方が効果的では?
と、思われますか?

私なら思います笑

もちろん、リアルな相談であれば細かい話なども出来るでしょう。
ですが実際に、リアル講座・オンライン講座、両方受けた複数の方から、こんなことを
言われました。

「動画ってかなり効果がありますよ!何度も見直せるし、途中で止められるし、
動画講座の方がリアル講座よりも、わかりやすいかもしれません」

しかも今回はメール相談も
して頂けます。

ご負担も少ないですし
いちいち私と予定を合わせる必要もありません。
正直、この動画講座コースで十分だと思います(笑)。
それでも、メール相談だけじゃ伝えきれない。
「オンラインでいいから直接相談したい!」
という方もいるでしょう。

 

そこで下記のようなコースをご用意しました!

★☆オンライン相談サポートコース★☆

ご契約から半年以内まで
オンラインでの個別相談を3回お付けします。

※出張相談は出来ませんのでご了承ください。

通常、採用成功塾のコンサルティングの定価は200,000円/3時間です。

つまり200,000円×3回分=600,000円が定価です。

ただオンラインの場合3時間はキツイので90分が精一杯でしょう。

オンラインでの効果も考慮し特別に80,000円(税込)/1回90分×3回のサポートをお付けし

つまり動画と併せて通常420,000円 ➡ 198,000円(税込)でのご提供です。

 

なぜここまで割引して提供するのか

昨今は、経団連から新卒学生の採用ルール撤廃の話がありました。
うちは中途採用ばかりだから関係ないと思っていたら大間違いです。
採用は新卒も中途の枠もない時代になります。

だからこそ中小企業の皆様には一刻も早く採用を根本改善出来る打ち手を知ってほしい!
少しでも手に入れやすい価格設定を考えました。

 

 

 

特典もあります!

特典1.面接の進め方小冊子 無料プレゼント
求人票/会社説明会シナリオ/面接評価表という
採用の仕組みが出来上がったとしても

実際に面接を
どのように運営すれば良いか

悩みや不安は尽きないと思います。
普段私が有料セミナーでお伝えしている内容の
小冊子を無料でプレゼントします。

特典2.求人票サンプル集無料配布
実際に世の中に出回っている求人票の
良い例をサンプル集としてお届けします。

求人票を書く上で大いに参考になるはずです。

特典3.代表顧問清水による直接添削
教材を使って作成してみたものの
本当にこれで良いのだろうかという
心配や不安は当然出てくると思います。

あなたが作成した
求人票/会社説明会シナリオ/面接評価表を
メールでお送りください。

納得のゆく出来になるまで
清水がメールで添削します。

添削はメールにコメントする形で
お届けします。

 

 

5社限定です!

特典にメールでの相談や添削をお付けしますので
正直、時間が足りません(笑)。5社限定にさせて頂きます。
(その他セミナーやコンサルも同時並行で行っているので)

 

 

 

Q&A

Q.本当に一度も採用に関わったことがないのですが、、、

A.大丈夫です。

「はじめての採用でも出来る」がコンセプトのひとつです。
質問に沿って考える+わからなかったらメールで質問するを
繰り返せば、はじめての方でも出来る様になります。

Q.忙しくてやりきる自信がないのですが

A.そのままにしておいて良いのでしょうか?

経営者の方や採用担当者の皆様がお忙しいことは十分承知しています。
だからといって、今の状況に手を打たなくて良いのでしょう?

中小企業の採用は待ったなしの状況に追い込まれています。
やらざるを得ない状況に追い込むことも
採用を成功に導くポイントです。

Q.はじめての採用ではありませんが役立ちますか?

A.はい、十分お役に立ちます。

もし貴社の採用がうまく行っていないのであれば
採用をゼロから見直す必要があります。

以下のような企業にも役立つ内容です。

☑思うように人材を採用できない
☑内定辞退が続出して困っている
☑採用を本気で改善したい
☑採用してもすぐに辞めてしまう

Q.中途採用にも役立ちますか?

A.はい。

もちろん中途採用にも
お使いいただけます。

解説が新卒向けになっていることが
多いのですが「中途採用」に置き換えて
頂ければ結構です。

Q.返金補償はありますか?

A.ありません。

商品の特性上、返金は致しかねます。

ダメだったら返金すればよい、という考えであればお申し込みはご遠慮ください。

その他、疑問点、ご不安があれば遠慮なく
以下のメールアドレスまでご質問ください。

info★saiyominaoshi.com
(★を@に変更して送信をお願い致します。)
↓ お申し込みは下記のフォームよりお願い致します ↓



【動画講座】離職率ゼロを実現する採用システムの作り方 お申込みフォーム
会社名  *
所属部署  *
  *
  *
メールアドレス  *  メールアドレスの記入間違いにより連絡が取れない事例が発生しています。メールアドレスのご記入に誤りの無い様にお願い致します。
都道府県  *
コース選択  *