中小企業が知るべき理想の求人広告とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貴社に合った求人掲載(告知)の方法が必要

どの方法が貴社に合った求人掲載方法なのか知っておくことは非常に重要です。
また求人を知らせる方法は広告掲載だけはありません。

どうやって告知するかについて考えましょう。
せっかく書いた求人をどうやって求職者に届けるのか貴社が
求人をしていることをいかに求職者に知ってもらうのか。

ここがうまくいかないと採用の成功にはつながりません。
また貴社が理想と描いている応募者に求人を知ってもらうためには

理想の応募者に届く告知方法を選ぶ必要があります

そのためにもこの次のお伝えする求人掲載方法の種類とメリットデメリットを抑えておくことは重要です。

求人告知イメージ

求人告知方法のメリットデメリット

求人告知方法については具体名は挙げられませんが分類分けすると3つのパターンに分けることが出来ます。
※以下に出てくるフォーマルとは正式なとか公式なという意味でつかわれます。
インフォーマルはその逆で非公式という意味です。

その1(フォーマル×有料)

良く知られている求人告知方法で費用がかかります。
費用は掲載ページ数や文字数で変わりますがかなり高額です。

ポイントは不特定多数の目に触れるということです。
自社の求人広告が不特定多数の人に読んでもらって効果が上がると考えるなら有効です。

また人材紹介会社にお願いする方法は手間を省くという点で大きなメリットがあります。
・大手求人サイト(新卒版・転職版)
・ローカルエリア別求人サイト
・タウン求人誌
・新聞求人広告
・新聞折り込み求人広告
・人材紹介(新卒・転職)

その2(フォーマル×無料)

とにかく費用がかからないのがメリットです。

ハローワークや大学のキャリアセンターに求人を出す場合
WEB上で提出することも出来ますが直接訪問して自社をアピールすることで
理解を深めてもらい求職者に紹介してもらう機会を増やすことも可能です。
・ハローワーク
・大学キャリアセンター
・高校就職担当
・無料求人サイト

その3(インフォーマル)

ピンポイントで候補者にアプローチする方法です。

求人広告を掲載するだけでなくどうやって告知するかも含みます。
経費も最小限に抑えられます

ただ30名以上の規模の大きな採用の場合は労力が分散しかえって非効率になる可能性があります。
・社員の出身ゼミや部活
・社員の出身大学
・リクルーターによるスカウト
・ちらしや名刺の配布
・関係者による紹介
・口コミ

理想の応募者に届く求人告知をする8つの質問

他にもアイデア次第で貴社ならではの求人告知の方法があるはずです。

ではそのアイデアどうすれば見つかると思いますか?

★求める理想の人物についての以下の質問に答えてみてください

・どこの大学にいそうですか?
・何学部にいそうですか?
・どこの出身ですか?
・部活やサークルはやっていますか?
・ゼミは入っていますか?
・趣味は何ですか?
・アルバイトはしていますか?
・その理想の人物は今どこにいますか?

いかがですか?難しいですか?
この質問は実は採用要件を考えるヒントになる質問です。

どんな人を採用したいか考えておくとその人物の居場所がわかります。
するとどうやって告知すれば理想の応募者に求人情報が届くのかヒントになりますよね。

他社には真似が出来ない費用対効果のある求人告知が出来て質の高い応募者がやってきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな組織の『人の問題』まとめて相談オンラインカフェ

採用成功塾 代表顧問 清水健太郎



あなたの会社は成長していますか?


✅うちには良い人なんて来るはずがない

✅幹部候補生おらず自社の将来が不安

✅Web面接が必要と言われるがどうすればいいかわからない

✅どんな求人広告を出したら良いかわからない

✅正直、自社の魅力が良くわからない

リーダーと呼べるにふさわしい人財がいない、育たない

✅社員のマナーや言葉遣いが一向に良くならない

指示待ちタイプの社員が多くてどうにかしたい

✅社員に伝えたいことが上手く伝わらない

売上がここ数年横ばいだ

✅ウチの社員は会議でちっとも発言しない

✅研修をやっても効果があがらない

できる人から辞めていく

もし、上記のどれかひとつでも当てはまるのであれば
是非少しお時間をとってお読みになってください。

オンラインカフェにご参加された会社が


以下のような結果を出されています!


★従業員20名 専門商社

面接で「入社したい」とまで言う応募者が出現。要件を満たした営業社員を採用!

★従業員15名 建設業

若手の現場監督職を2名採用!

★従業員30名 運送業

ゼロから自社、ライバル、求職者の分析をすすめドライバー、助手、事務を10名採用!!

★従業員5名 コンサルティング会社

ハローワーク求人だけで5名の応募4名を採用!!

人事評価制度を導入し未経験の社員が急成長

★従業員80名 小売業会社

30代管理職候補人材を3名を採用!!

研修に変わり人事評価制度を人材育成の目的で導入し即結果に繋がった

※その他、多くの中小企業、団体、介護施設、病院などが成果を出されています。

 

大好評の小さな組織の『人の問題』


まとめて相談カフェに参加しませんか?


貴社は採用の悩みを気軽に相談出来る専門家を持っていますか?
例えば経理には税理士がいます。法律には弁護士がいます。

採用や人材育成、人事評価制度は誰に相談していますか?もしいるとすれば、その専門家は
応募者の集め方から面接のやり方、入社後の育成方法、人事制度設計までまとめて
アドバイスが出来る専門家ですか?


 

私は2003年から就職する側と採用する側の両者に


アドバイスをしてきた経験があります


その間見てきた採用事例は大手から中小零細まで5000件以上。
合計30社以上で面接官や説明会のプレゼンター、グループディスカッションの
アセッサーまで現場も経験してきました。また、小さな組織ならではの人材育成課題と向き合い、人材を育成出来る人事制度設計も手掛けて来ました。

アドバイスさせていただいた企業からは「わかりやすい」「人が採れました」
「面接で入社したいと言ってもらえた」「自社に採用ノウハウが出来た」「育成の方法やポイントもノウハウに出来た」など感想を頂いています。

 

もし貴社が採用や人材育成、人事評価制度でお困りでしたら


小さな組織の『人の問題』まとめて相談オンラインカフェで


個別アドバイスを受けてみませんか?


今すぐ申し込む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*