中級面接官マニュアル「応募者の本音を見抜くテクニック」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は面接官として応募者と接することに慣れてきた面接官が
応募者の素顔や本音を見抜くために効果的な質問の仕方、事前準備の仕方を解説しています。
また、その際に志望動機は聞かず本人の過去の経験に焦点を当てる
メリットデメリットをお伝えしてゆきます。

なぜ面接で志望動機を聴くことに効果がないのか

私は中小企業の面接では応募者に志望動機を聴くことはあまり効果がないと思っています。
面接で志望動機を聴かないなんて非常識ではないのか?と思いますよね。

そう思うのも当然です(笑)。

それが業界の常識。世間の常識ですから。

では質問です。なぜ面接で志望動機を聞く必要があるのでしょうか?

面接官イメージ

この投げかけに対する良くある回答は
「なぜうちに入社したいと思ったのか聞くのは当然」
「動機がなければ入社後すぐやめてしまう」
「意欲を確かめるために聞く」

確かに間違いではありません。
しかし応募者が貴社を受けるにあたっての本音は以下のようなことも多いのです。
少し厳しい話ですが。

「就活をするまでは全く知らなかったが何となく良さそうだから」
「ハローワークで勧めてもらい話だけでも聞いてみようと思ったから」
「正直言えば第1希望ではないが2番目に良いと思ったから」

いかがでしょう。
このような応募者に「なんでうちを希望したのか」と聞いたところで
ハローワークやキャリアセンターの方と準備した優等生的発言しか得られないのが落ちです。

志望動機を聞くなとは言いませんが志望動機を聞くことはあまり効果がありません。
むしろ入社への動機付けは貴社が段階を踏んで行うべきです。

応募者を見抜く面接のイメージ

応募者の本音を見抜く面接のポイント

では志望動機を聴かずにどうやって応募者の本音を見抜くのか?
そのポイントは応募者の過去の経験に焦点を当てて質問することです。

面接では志望動機だけでなく、将来の夢や本人の信念、モットーなど
応募者の思考や価値観を聞く質問をしがちです。

ですが思考や価値観は口のうまい応募者であれば
準備次第でどうにでも作ろうことが出来てしまいます。

しかし行動だけは嘘はつけません。
応募者本人の過去の事実があるだけです。

応募者の経験に焦点を当てるべき3つの理由

1.応募者が嘘をつこうとしても掘り下げることで見抜けるから

過去のことなんていくらでも作れるのでは?
という反論がありそうですがそれは違います。

経験をぼり下げて引き出す面接が出来れば
応募者も事実を正確に語るしかなくなってきます。

話の旨い応募者にごまかされないので入社後のミスマッチが減少します。

2.人間は行動を繰り返す習性があり入社後の行動を予測しやすいから

転職経験が複数ある応募者が早期離職の可能性が高くなることと同様に
遅刻癖、忘れ癖、という行動は中々変わるものではありません。

仕事も早い人間は日常生活でも無意識に早めの行動を心掛けるはずです。
今まで見逃してきた理想の応募者を見つけることも出来ます。

3.事実に基づいた判断が出来るから

なぜ事実に基づいて判断することが良いかと言えば
社内に共通の判断基準が出来るからです。

つまり誰が面接官になっても応募者の合否の判断がずれにくいという利点があります。
全社的に合格基準を明確に出来納得度の高い採用が出来ます。

経験に焦点を当てる面接のメリット

志望動機を聞かない面接と聞いて初めは意外に思われたことでしょう。

しかしその理由や効果を考えた時に面接で焦点を当てるべきは
応募者の過去の経験であることがわかってきます。

何より貴社にとって応募者がマッチする人材なのかどうか見抜くための大切な面接スキルになるのです。

そうすることで面接官が面接の現場で何をすべきかがはっきりし
意図を持って質問が出来ます。

応募者側も正当に評価されたという気持ちよさが残り貴社に対する評価も上がるでしょう。

応募者の過去の経験をしっかりきいておけば事実に基づいた合否の判断が出来ます。
全社的に納得のある合否判定が出来るのです。

応募者の経験に焦点を当てる面接をすることで応募者にとっても貴社にとってもメリットは大きいのです。

面接で面接官が応募者に質問すべきこと

話しの掘り下げ方について(質問サンプル)

では実際に面接での質問の仕方
応募者の話の掘り下げ方を学びましょう。

初級に比べると難易度はグッと上がっています。

でも、もっと面接で応募者その気にさせたいなら

従業員50名以下の組織でも面接で「入社したい!」と言わせる方法

記事も参考にしてください。

しかし面接官は応募者の話をいかに引き出すかが勝負です。
初めから100点を目指す必要はありません。
少しづつ出来るようになってゆきましょう。

まずお勧めしたいのは
事前の面接シートを準備しておくことです。

すでに面接シートが用意されていて
面接で何を質問するか決まっている企業もあります。
もし決まっているのならば、その手順に沿って質問しましょう。

面接シートが無い場合
以下の図にあるようなシートを作成しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人面接で時間がたっぷりある場合
ひとつの出来事について上記の図のように質問すると
応募者の人物像が詳細にわかります。

また、合否判定の根拠を明確に報告することが出来ます。

しかし集団面接で時間が無い場合
質問出来る数も限定されるでしょう。

上記図の役割→打ち手→効果については最低限
抑えるよう進めると良いでしょう。

上記のように面接で質問する項目も考えておくと
本番で慌てずにすみますよ。

今回は特別に過去の経験の掘り下げ方を
以下の図に示しておきます。
是非、実際の面接に使ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

<質問例>

アルバイトとは言え、行って来た業務は
複数あるケースが多いので
「接客以外に新人教育はしなかった?」
「経験者と未経験者で教え方は変えたの?」
「はじめ出来なくて出来るようになったことは?」
「どんな工夫や努力をしたの?」
「些細なことでいいんだよ」
など、の質問をしてみましょう。

 

まとめ

面接で応募者と接することに慣れてきたら
応募者の素顔や本音を引き出すテクニックを身につけましょう。

それには志望動機より応募者の経験を中心に
質問することがお勧めです。

応募者の経験がわかることで
合否判定の根拠が明確になるので
面接官初級者でも上司への報告がしやすくなります。

 

でも、もっとしっかり面接の精度を上げるには採用の仕組みを根本から作り直す対策が必要です。
詳しくは以下をクリックしてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【無料動画セミナー】採用が上手く行かない経営者、採用担当者が知るべき『離職者ゼロを実現する採用システムの作り方7つのヒント』

どうせうちなんか採用出来ない・・
と悩みあきらめて
いませんか?


「いえ大丈夫です。
ただやり方を知らな
いだけです。」

 

例え小さな組織でも面接で「入社したい!」と言わせてしまう方法にご興味ありませんか?

※従業員50名以下の組織とは:中小企業、介護施設、医院、クリニック、社会保険労務士事務所などを言います

☑ハローワークに出しても人が来ない

☑特に若い人から応募がない

☑求人広告は出すが反応は年に数名程度

☑説明会でのプレゼンは、その場の思い付きでしている

☑面接は勘と経験で合否判定をしている

もし上ひとつでも当てはまったら是非、中小企業だからこそ出来る採用のやり方を知ってください!

今回は『離職者ゼロを実現する採用システムの作り方7つのヒント』を【動画セミナー】として特別に無料で公開しています。1日3分×7日の動画セミナーです。お気軽にお申し込みください。

こんな経営者、採用担当者にオススメです。

☑魅力的な求人票を書いて応募者を集めたい

☑応募者に会社を好きになってほしい

☑不安なく面接で応募者と接したい

☑無駄な経費を掛けなくても採用出来る仕組みがほしい

☑採用サイトの広告費が高すぎて費用対効果に疑問がある

☑採用ノウハウを次世代に残したい

☑採用について1からしっかり学びたい

☑社員が辞めない会社を作りたい

 

▼▼この無料動画セミナーにはさらに特典をご用意しています▼▼

貴社の採用が成功するよう、さらにプレゼントをお付けします。

特典:【課題別成功事例集】レポート無料配布『たったワンポイントで採用がうまくいった』秘密を特別公開!

無料動画セミナーを受け取る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*