内定後の育成と人事評価制度 の記事一覧

【従業員50名以下の経営者向け】小さな組織の人材育成は研修より人事評価制度が有効な理由

従業員50名以下の小さな組織で人を育てるのは
決して簡単なことではないはずです。

育てたくても経費がない、人手が足りない、ノウハウがない
という理由で中々うまくいかないのも現実ではないでしょうか。

この記事では従業員50名以下の小さな組織ならではの特徴をうまく活かした
小さな組織ならではの人材育成の方法について
研修よりも人材育成型の人事評価制度の方が効果があるというお話をしてゆきます。

続きを読む

【従業員50名以下の経営者向け】社長なら絶対知るべき「話の聴き方」

この記事は人事採用に関わる方だけでなくすべてのビジネスマンに向けて書きました。
社内外での対人コミュニケーションにおいて話しの聴き方の基本をお伝えします。

話を聴くメリット、聴けないリスク、話しの聴き方3段階、ロールプレイの仕方を解説しています。

話しの聴き方チェック

あなたは本当に人の話を聴けていますか?

「はい、大丈夫です」と思った方は以下の項目をチェックしてみてください。

続きを読む

【従業員50名以下の経営者向け】入社3年目以内の若手を育成する3つの研修プログラム

この記事は人材育成、人材開発にお悩みの従業員50名以下の経営者に向けて書いたものです。
入社3年目以内の新人や若手を育成する方法、研修プログラム、施策について
具体的な方法をご紹介しています。

続きを読む

【従業員50名以下の経営者向け】採用と育成は常にセットで考える

なぜ採用をするのか

貴社はなぜ採用をするのですか?
このシンプルな問いに明確に答えられる経営者は意外と少ないものです。

少なくとも採用目標の人数を合わせるために採用をするのではないはずです。
採用の目的は戦力となり自社の幹部なれるような人材を確保することです。

だとすれば採用した人材は責任をもって育成すべきだと私は思います。
もう一歩踏み込んで言えばどのように育成するかイメージをもって採用するのが理想です。

続きを読む

新人教育のコツ「はじめて新人教育係になったあなたへ」

この記事は初めて新人教育係になった方に向けて書きました。
また人事担当者、採用担当者、育成担当者にも役立つ内容です。
新人の叱り方、褒め方、指導の仕方、育成プログラムについても触れています。

続きを読む

【初めて人事評価制度を導入したい従業員50名以下の経営者向け】導入の仕方 10のポイント

中小企業や従業員50名以下の小さな組織だからこそ、人事評価制度など従業員の育成や成長を体系立って整えることは急務はず。ですが中小企業や従業員50名以下の小さな組織になると制度設計のためだけに管理部門の役職者を専任で雇う余裕はないかもしれません。

この記事では中小企業や従業員50名以下の小さな組織が人事評価制度の導入にあたって「人事評価制度を導入したいけどどうすればいいの?」「制度をどのよう運営したら良いかわからない」など人事評価制度の構築のポインについてガイドします。

大手企業の汎用ではなく中小企業や従業員50名以下の小さな組織ならではのやり方のヒントをお伝えします。

続きを読む