内定後のフォローと育成方法 の記事一覧

【ある視覚障害者の就労奮闘記】モチベーションが上がらない社員、学生に読ませたいインタビュー

【インタビュー対象】清水康太郎氏 1977年大宮市(現さいたま市)出身

クルーゾン病による視神経萎縮。視力:一眼は0。良眼は0.03。視野狭窄あり。
筑波技術短大卒業。国立リハビリテーション学院の理療科卒業。マッサージ師の資格を持つ。マッサージ師として整形外科勤務をした時期に両手を痛め、両手の変形、力が入らなくなる障害となりマッサージはできなくなる。日本盲人職能開発センターにて音声パソコン指導助手。

2013年より2年間、東京都立多摩総合医療センター眼科にて音声パソコン指導をボランティアで行う。コトリナ設立(2016 年 4 月)よりコトリナにて音声パソコン、iPhone の指導。コトリナの営業、広報担当。点字名刺担当。宣伝部長である。

今日は清水康太郎さんにお越しいただきました。清水さんは資格障害と手に障害を持ちながら60社目にして内定を勝ち取ったご経験をお持ちです。さらに不自由な体でありながらJリーグ浦和レッズの大ファンで観戦のため全国も飛び回るというバイタリティーはどこからくるのか。今日はそのご経験を色々お聞きしたいと思います。

続きを読む

人事なら絶対知るべき「話の聴き方」

この記事は人事採用に関わる方だけでなくすべてのビジネスマンに向けて書きました。
社内外での対人コミュニケーションにおいて話しの聴き方の基本をお伝えします。

話を聴くメリット、聴けないリスク、話しの聴き方3段階、ロールプレイの仕方を解説しています。

話しの聴き方チェック

あなたは本当に人の話を聴けていますか?

「はい、大丈夫です」と思った方は以下の項目をチェックしてみてください。

続きを読む

採用と育成は常にセットで考える

なぜ採用をするのか

貴社はなぜ採用をするのですか?
このシンプルな問いに明確に答えられる人事担当者は意外と少ないものです。

少なくとも採用目標の人数を合わせるために採用をするのではないはずです。
採用の目的は戦力となり自社の幹部なれるような人材を確保することです。

だとすれば採用した人材は責任をもって育成すべきだと私は思います。
もう一歩踏み込んで言えばどのように育成するかイメージをもって採用するのが理想です。

続きを読む