【従業員50名以下の経営者向け】中小企業が会社説明会で学生にアピールするコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ学生にアピールする視線が必要か

その理由は参加者とのコミュニケーションにあります。
説明する側からすれば「1対大勢」の構図になります。

逆に参加者の視点で想像すると「1対1」になります。
つまり参加してくれている全員と1対1で話をするかのように
プレゼンすることで参加者に貴社の良い点が伝わるのです。

視線の送り方一つで伝わり方も変わりますのでそのやり方をしっかり学んでください。

アピールする視線イメージ

応募者の心をつかむ視線3つのポイント

その1【資料は見ないで話す】

あなたが説明会などでプレゼンを行うとき聴衆にどのように視線を送っていますか?
人前で話すことに慣れないうちは中々聴衆を見ながら話が出来ないですよね。

最初は私も言わなければならない内容に精一杯で
手元の資料を見ながら話をしていました。

初めは中々うまくゆきませんが少しずつ手元の資料を見なくても
プレゼンが出来るように練習をしましょう。

プログラムの内容や時間を相手にするのではなく
聴衆を相手にする意識を持ちましょう。

その2【全員に視線を送るつもりで】

参加者の視点で想像すると説明会も「1対1」のコミュニケーションなのです。

ご自分が参加された過去のセミナーや研修を思い出してみてください。
講師から視線を送られると何とも言えない緊張感が生まれませんでしたか?

同時に話を聞かないといけないという義務感も発生します。
もちろん自分を気にしてくれている嬉しさもあるでしょう。

参加の人数にもよりますが少なければ少ないほど参加者全員に目配りをすることを心がけましょう。

少なくとも会場が50名程度の規模であれば
多くの参加者の視線を意識して目を配る必要があると思います。

ただそれ以上100名近い会場ではそうはいきません。
例えば会場をいくつかのブロックに分けて視線を送るようにしましょう。

そして出来るだけまんべんなく分けたブロックに視線を送ることが出来るよう配慮しましょう。

その3【視線を3秒止める】

聴衆に視線を送る際3秒くらい視線を止めて
特定の相手に訴えかけるようにプレゼンすると効果的です。

冒頭でもお伝えしたようにプレゼンをしているあなたからすれば
「1対大勢」ですが参加者の立場からすれば「1対1」なのです。

視線を止めて話しかけられることで参加者は
いかにも自分に向けて話をしてくれているような感覚になるのです。

視線を意識する効果

「資料は見ないで話す」「全員に視線を送るつもりで」「視線を3秒止める」
この3つのポイントを意識して実行していただくだけで話の伝わり方は劇的に変わります。
資料を見ないで聴衆にしっかり視線を送ることは慣れないうちはハードルが高いかもしれません。

ただ説明会で学生に自社の魅力を伝え選考辞退を防ぐためには大切なテクニックになります。
まずは意識するところから始めてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな組織の『人の問題』まとめて相談オンラインカフェ

採用成功塾 代表顧問 清水健太郎



あなたの会社は成長していますか?


✅うちには良い人なんて来るはずがない

✅幹部候補生おらず自社の将来が不安

✅Web面接が必要と言われるがどうすればいいかわからない

✅どんな求人広告を出したら良いかわからない

✅正直、自社の魅力が良くわからない

リーダーと呼べるにふさわしい人財がいない、育たない

✅社員のマナーや言葉遣いが一向に良くならない

指示待ちタイプの社員が多くてどうにかしたい

✅社員に伝えたいことが上手く伝わらない

売上がここ数年横ばいだ

✅ウチの社員は会議でちっとも発言しない

✅研修をやっても効果があがらない

できる人から辞めていく

もし、上記のどれかひとつでも当てはまるのであれば
是非少しお時間をとってお読みになってください。

オンラインカフェにご参加された会社が


以下のような結果を出されています!


★従業員20名 専門商社

面接で「入社したい」とまで言う応募者が出現。要件を満たした営業社員を採用!

★従業員15名 建設業

若手の現場監督職を2名採用!

★従業員30名 運送業

ゼロから自社、ライバル、求職者の分析をすすめドライバー、助手、事務を10名採用!!

★従業員5名 コンサルティング会社

ハローワーク求人だけで5名の応募4名を採用!!

人事評価制度を導入し未経験の社員が急成長

★従業員80名 小売業会社

30代管理職候補人材を3名を採用!!

研修に変わり人事評価制度を人材育成の目的で導入し即結果に繋がった

※その他、多くの中小企業、団体、介護施設、病院などが成果を出されています。

 

大好評の小さな組織の『人の問題』


まとめて相談カフェに参加しませんか?


貴社は採用の悩みを気軽に相談出来る専門家を持っていますか?
例えば経理には税理士がいます。法律には弁護士がいます。

採用や人材育成、人事評価制度は誰に相談していますか?もしいるとすれば、その専門家は
応募者の集め方から面接のやり方、入社後の育成方法、人事制度設計までまとめて
アドバイスが出来る専門家ですか?


 

私は2003年から就職する側と採用する側の両者に


アドバイスをしてきた経験があります


その間見てきた採用事例は大手から中小零細まで5000件以上。
合計30社以上で面接官や説明会のプレゼンター、グループディスカッションの
アセッサーまで現場も経験してきました。また、小さな組織ならではの人材育成課題と向き合い、人材を育成出来る人事制度設計も手掛けて来ました。

アドバイスさせていただいた企業からは「わかりやすい」「人が採れました」
「面接で入社したいと言ってもらえた」「自社に採用ノウハウが出来た」「育成の方法やポイントもノウハウに出来た」など感想を頂いています。

 

もし貴社が採用や人材育成、人事評価制度でお困りでしたら


小さな組織の『人の問題』まとめて相談オンラインカフェで


個別アドバイスを受けてみませんか?


今すぐ申し込む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*