【従業員50名以下の経営者向け】会社説明会を実施する時、気を付けるベスト3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある採用の合同説明会で

事前セミナーの講師を

してきました。

 

 

こっそり企業の説明も

聞いてきました。

 

そこで感じた

説明会もっとこうしたほうがいい

ベスト3を発表します!

 

 

<第3位>

◎社内の雰囲気を伝えましょう

 

学生は良くも悪くも雰囲気を重視します。

中には内定後の研修で

雰囲気が悪く辞退に至った例もあります。

 

言葉で「風通しが良い」などと

語ったところで信憑性はありません。

 

以下のことを試してみてください

 

★代表社員を例に出し日々の活動を伝える

 

その時に出来れば写真や動画を

使うと効果的です。

 

 

 

<第2位>

◎明るく元気に伝えましょう

 

 

「声が聞き取りにくいです」

「表情が暗くて会社の印象が悪くなった」

学生たちからは良く聴く

企業説明会に対する生声です。

 

逆に

「資料も見ずにプレゼンしてて

かっこいい!」

「すごく丁寧で一緒に働きたくなった」

こんなプラスの声もあります。

 

 

・明るく笑顔で

・なるべく資料は見ず

プレゼンすると効果があります。

 

 

 

<第1位>

◎スライドの字は少なくしましょう

 

 

企業によってはあれもこれも

盛り込みすぎて非常に読みにくい

スライドになっています。

 

 

特に売上データのグラフや数字は

学生にとってピンと来ないものです。

 

 

スライドに使うとしても

「簡潔すぎるくらい簡潔に」を

心がけましょう。

 

 

伝える側もつい、あれもこれも

伝えたくなる気持ちはわかります。

 

 

でも企業側も学生に

「面接では簡潔にわかりやすく」

と求めているわけですから

企業も同じことを心がけたいですよね。

 

 

以下の3つを実行しましょう。

 

・1ページの文字数を少なくする

・カラーや写真を増やす

・全体のページ数も減らす

 

 

これだけで貴社の印象は

格段に良くなります。

 

 

 

<まとめ>

 

◎社内の雰囲気を伝えましょう

◎明るく元気に伝えましょう

◎スライドの字は少なくしましょう

 

この3つを実行するだけで

学生からジャンジャン

応募が増えてきますよ。

 

 

 

良い人材を狙い撃ちして辞めさせない 5大無料プレゼント

従業員20名の会社が
幹部候補生3名を採用して年商150%アップ!


就職させる側のサポート×中小企業の採用支援×大手企業の人材育成


の経験を活かして代表顧問・清水が直で作成した


小さな組織だからこそ出来る
「応募者の集め方」「人材の見極め方」「育て方」


に関する5つのテンプレートやマニュアルを


今だけ無料でプレゼント中!


 

<無料プレゼント内容>

①求人票の書き方テンプレート

従業員5名の小さな会社がハローワークだけで5名の超黒字人財採用した魔法のテンプレート

②Web面接 企業側の注意点

オンラインでの合否判定をスムーズにする面接の準備の仕方と実施方法マニュアル

③話を聴く技術7つの基本

これからの経営者や人事担当者の必須スキル。採用にも人材育成、営業にも使える聴く技術公開

④社員の入社年次別、関わり方ガイド

新入社員、3年目、女性社員など年次別、属性別にどう関わって育てれば良いかまとめた育成マニュアル

⑤自立人材育成型人事評価制度セミナースライド

中小企業の人材育成に有効な人事評価制度の構築を絶対成功させるため実施したセミナースライド

今すぐ5大無料プレゼント手に入れる

SNSでもご購読できます。